カテゴリ:雑記 > YG entertainment

こんばんは。本当に久しぶりのTimeHolicです。
年始からだいぶ忙しい感じで今日まで来てしまいましたが、最近爆発的な事件へと発展してしまったBIGBANGのマンネ、スンリに対しBIGBANG最大のファンコミュニティから脱退要求が出たということで翻訳文を残しておきます。

※注) 以下の脱退要求は現在DCインサイドのギャラリーから削除されています。削除理由は最後に載せておきますね。

脱退要求

*翻訳文 (意訳あり)
BIGBANGギャラリーは
メンバー、スンリの脱退を要求します

BIGBANGファンコミュニティDCインサイドBIGBANGギャラリーは、最近大きな社会的波紋を引き起こしているバーニングサンの事件に絡み、チームと所属会社のイメージを深刻に失墜させ、個人事業にBIGBANGの名前を悪用しているメンバー、スンリの脱退を強く要求します。

犯罪行為に関連した疑惑

1. 超豪華なパーティー
2017年12月、誕生日パーティーという名目でフィリピンのパラワン島リゾートを丸ごと借り、売春女性たちとバーニングサンのイ・ムンホをはじめ多くの海外セレブらと投資者誘致の目的でパーティーを開催した事実がある

2. 性接待指示
2015年、スンリが設立準備中だった投資会社ユリホールディングスの職員たちとカカオトーク内のグループチャットで外国人投資者たちの接待に向けクラブアリーナに席を設け「女性は『よくしてくれる娘』に」と女性たちの性の上納を指示したカカオトーク内容も入手された

3. 脱税とクラブバーニングサンの関与
本人が運営中のクラブを一般飲食店として登録し巨額の脱税をした容疑を受けた
また、性売買、性的暴力、麻薬流通など女性犯罪の温床となった場所で本人の名前と顔を使用しバーニングサンの宣伝をした

このほかに道徳性に欠けた行動とファンを欺き歌手としての本分を忘れたことに関する内容

1. チャンネツアー懲戒事件
tvNの番組チャンネツアーに出演し某女性アイドルに酒を注ぐよう勧め、放送通信委員会の懲戒を受けている

2. マキシムの投票を促す
芸能人の身分でSNSにライブ放送を実施するという公約を掲げ扇情的な雑誌マキシムに関連する知人の投票を督励した
(雑誌マキシムは扇情的内容が多いにも関わらず知人の広報目的でファンたち、特に青少年のファンを利用した)

3. 個人事業でBIGBANGの名前の乱用
BIGBANGの名前の利用について社会的な議論になっている事業へ無理に投資家を誘致しBIGBANGブランドを自身の事業を広報するために積極活用し、完全体で最大限早く戻ってくると語ったファンとの約束を欺いた行動はBIGBANGのメンバーとしての責任感と資格が不足する

このような多くの疑惑にもかかわらず、スンリは大衆とファンダムに対し心のこもった謝罪と反省どころかコンサートスケジュールを強行しており、 これまでの容疑をすべて否認するなど不適切な措置を取りました
スンリの違法事実の可否は捜査が進めば是非が明らかになるが、犯罪に関与して大きな物議をかもしグループに与えた被害は回復が不可能なためスンリをBIGBANGから脱退させることは然るべき事だと明らかにします
したがってBIGBANGギャラリーは2019年3月9日からメンバーのスンリに対する支持を撤回しBIGBANGから脱退することをYGエンターテインメントに強く求めます

2019年3月9日
DCインサイドBIGBANGギャラリー 一同

以上が翻訳文となります。
さて、こちらの脱退要求ですが、9日土曜日に掲載されたあとしばらくして (確かその日のうちに) 削除されました。
削除理由はファンダム全体の承認を受ける前に掲載してしまったことと、内容に関してもう少し具体化する必要があったということ。

これはBIGBANGに限らずですが、本国ファンダム内でボイコットや脱退などの要求や議論を掲載するにはファンダム全体の承認を得ることがルールとなっています。
そしてその掲載されたものに対しコメントを残すファン個人にも簡単な認証を要求しています。

この脱退要求が掲載された時点ではその承認問題でファンダム内でも意見が真っ二つに別れました。
しかしBIGBANGのスンリが被疑者となった本日、再び脱退要求文を掲載するように声が上がり始めています。

今後、改定された要求文が掲載されるかは分かりませんが、一度DCインサイドのギャラリーに掲載された内容以上の情報が書かれることもなきにしもあらず。

ファンダムが掴む情報と解析解明はプロも舌を巻くくらい正確だったりしますので。

そして今回の事件について。
クラブバーニングサンでの暴行事件から始まった一連の疑惑、真実はいったいどこにあるんでしょうね。
暴行を告発した方はともかく関連した女性二人はいったい誰だったのでしょうか。
バーニングサンで働いていたといわれる中国人女性 (麻薬GBH流通疑惑で摘発)ともう一人は?

金に目がくらんで投資家の一人をないがしろにし敵に回してしまったスンリ氏、彼はいつも女絡みで失敗するようです。

脱退してもしなくてもBIGBANGとYGにはもう明るい未来は来ないのかも知れません。


良いのか悪いのか急にファンダムに寄り添い始めたYGエンターテインメント。
どこの事務所でも当たり前のようにやっている悪質なネットユーザーを取り締まるため、ファンダム申告制度を今になってやっと取り入れました。

YG、ファンに協力を要請…悪質なネットユーザー根絶に向け対策
YG, 고질적 악플러에 대한 조치 본격 시행 “팬들의 제보 받습니다”

ygロゴ

まあ、時代遅れ感は拭いきれませんが、ファンダムの怖さを知ったらある程度言うことを聞くしかないでしょうね。
ちなみにこれに対して本国内の実際のニュース記事にはほとんどコメントはありません。

むしろ間違った言葉はしてないのに処罰の意味が分からないとか、続く麻薬事件への対応は?というものが数件つくくらいで、本国のネット上でもどう処理していいのか分からない記事となっています。

関連記事が30件以上あるのに、ほぼ話題にならない悲しさ....


ところで、本国で言う悪質なネットユーザー、悪質なコメントとはどういうものなのか調べてみました。

悪口や殺害予告などは当然ですが、ファンブログで良く見かける妄想ボーイズラブ (←日本がやたら多い) や妄想合成写真(カップル合成)、性的なものを予想させるもの等々がすべて入ります。
要は芸能人自身が継続的に不快に思うかどうか。

ネット上に晒した情報は削除してしまえば大丈夫だと思いがちですが、相手側ですでにデータ保存 (スクリーンショットやキャプチャ) されていたら刑事告訴は可能です。
※ ただし主観的なもの (個人名がなく、見る側の想像にゆだねるもの) は対象にはなりません


以下は本国で弁護士をされている方がネット上で誹謗中傷などの被害を受けた方に対しアドバイスした内容の一部です。

相手が虚偽の事実を公然と適示し名誉を毀損した場合、刑法第307条 第2項の名誉毀損罪が成立します。

誹謗中傷の目的が認められた場合、情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律第70条の名誉毀損罪が成立することもあります。

相手が悪口など侮辱行為をした場合、刑法第311条の侮辱罪も成立することができます。

キャプチャなどの証拠資料を確保し、これを基に警察の指示を受けてください。


刑法 (韓国)


第307条(名誉毀損罪)
  1. 公然と事実を適示 (※社会的評価を低下させる具体的事実を不特定又は多数の者が認識可能な状態にすること) して人の名誉を毀損した者は、2年以下の懲役若しくは禁錮又は500万ウォン (約50万円) 以下の罰金に処する。

  2. 公然と虚偽の事実を適示して人の名誉を毀損した者は、5年以下の懲役、10年以下の資格停止又は1千万ウォン (約100万円) 以下の罰金に処する。
第311条(侮辱罪)
  1. 公然人 (芸能人など万人に知られる人) を侮辱した者は、1年以下の懲役若しくは禁錮又は200万ウォン (約20万円) 以下の罰金に処する。

情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律

第70条(罰則)
  1. 人を誹謗する目的で情報通信網を介して公然と事実をさらけ出し、他人の名誉を毀損した者は、3年以下の懲役若しくは禁錮又は2千万ウォン (約200万円) 以下の罰金に処する。

  2. 人を誹謗する目的で情報通信網を介して公然と嘘の事実をさらけ出し、他の人の名誉を毀損した者は、7年以下の懲役、10年以下の資格停止又は5千万ウォン (約500万円) 以下の罰金に処する。

  3. 第1項及び第2項の罪の被害者が具体的に明らかにした意思に反して公訴を提起することはできない。

各事務所が行っているこのような対策は韓国内だけではなく、海外も対象になっています。
そのほとんどはファンダムからの申告で成り立っていますが、某大手企画会社に関してはファンダムの申告以外に自社の調査も加わり、けして逃れることは出来ないと言われています。

あることないこと自身の想像で発言するのは自由ですが、継続的にネット上で発信するのであればある程度のリサーチ力を持ってした方が良いようです。

韓ドルに対するアウトブログや書き込みをよく見かけますが、そういった方々は自分に火の粉が降りかかるのを防ぐためにも時々優しくフォローしてあげるのが得策でしょうね。←たとえ思っていなくても


BIGBANG長兄の大麻事件を今も引きずるYG ent.
今度はYG傘下の『THE BLACK LABEL』所属作曲家KUSH氏のコカイン事件も抱えることになりました。

Black label

もう『YG薬局』と揶揄した人を訴えてる場合じゃないよね。

報道ではYGの名前はほとんど出てきませんが、『THE BLACK LABEL』自体の管理はYG ent.が行っています。

ところでこのKUSH氏、YGのほぼ全てのグループに関わっていますよね。

前回のBIGBANG T.O.P氏の件で他事務所の韓ドルたちに「YGには関わるな」とお触れが出ていたことは知らなかったのでしょうか?

芸能界が信用商売で成り立っているということも、もしかして知らない?

本人は「事務室 (作業室) と宿泊施設でコカインを投与した」と警察で答えたようですが.....

事務室って一見プライベートな空間に思われがちですが、意外といろんな人たちが出入りするんですよね。
もちろん楽曲の提供を受けてる子たちも。

まあ、YGの作業室のように四六時中カメラで監視されているわけでもなさそうなので、投与という点では結構フリーダムな環境だったのかも知れません。


おかげで何となく静かになりつつあったYGの大麻事件も、再び大きくぶり返すはめになりましたけどね。

YG所属の芸能人数名 + スタッフ数名、そして今回のKUSH氏と...
怪しいのを含めたら他の企画会社とは比較にならないくらい多いような気がします。

いや、「多いよね!」 マジで。

YGの管理能力がどうのではなく、自分の立場を理解できない人たちがこれだけ集まるなんて...
リアルに別な意味で「YGって異端だよね」って言いたくなる。

どんな理由があれど、本来なら逮捕 + 勾留に価することなのに今回もまた書類送検ですしね。
韓国の法律がホント謎。

本国ではYGの全数調査 (芸能人を含め社員全員の調査) の声も再び出ているようですが、
あえて何もしなくても、今後も定期的に転んでバレる子がボロボロ出てきますよ。

とりあえず今は、
ガッツリと『THE BLACK LABEL』にお世話になっているBLACK PINKのグループロゴ。
あれは変えた方がいいと私は思います。


今月29日より、以前から動きのあったYG ent.とハンドンチョルプロデューサーによるサバイバルオーディション番組「MIX NINE」が始まります。


初回放送は午後4時50分。放送局はJTBCです。

何度か本国の記事をチェックしていたんですが、主旨がどんどん変わっていく様子をみて、すでにお腹いっぱい状態。
そして私の感心がほぼなくなってしまうという事態に...

まあ、せっかくなので感心がある人たちのために概要をさらっと載せておきますね。

まずこの「MIX NINE」、リアリティコンペティションプログラムということで、当然サバイバルを繰り広げる系のオーディション番組となっています。

当初予定していたデビュー済みのガールズグループ再起コンセプトから、既存のアイドルと現練習生によるサバイバルに変更され、
男女混合 総勢400名の中から男9名、女9名を選択。
そして、さらにサバイバルをさせてからのデビューと、かなり複雑。

要はボーイズグループがデビューするか、ガールズグループがデビューするかは、今の段階では不明ということ。←男女混合グループになる可能性もあり。

オーディション候補者の中にはKNKやONFなど、最近デビューしたグループ (個人も含む) もそこそこ混ざっています。

ロールモデルは日本のアイドル「AKB48」
「プロデュース101」の時もそうでしたけど、さすが元プデュのプロデューサー、ハンドンチョル氏。ここでも同じ手を使ってきます。
しかも堂々と公言しちゃう口の軽さ。

ヤンサに限らず、デビューしたばかりの子たちには「プライドはないのかい?」と、問いたいところですが、やっぱり知名度>>>プライドなんでしょうね。

せっかくなら最近本国でタレント化しはじめたiKONもサバイバルに加えるべきだと思いますが...


ちなみにこの番組、日本のみならず、中国のファン層をも取り込もうと地味に動いています。
韓国アイドルが中国で活動するのが難しくなった今、コンテンツだけでも普及させようと知恵をしぼっているんでしょうね。

実際、現在の中国アイドル文化、すでに韓国のような完璧スタイルは飽きられていて、日本と同じくファンが育てるスタイルを作ろうとやっきになっているところ。

中国でもロールモデルは「AKB48」
中韓共にパクりうんぬんは置いておいて、確かにAKBはガッツリ稼いでますもんね。
国内だけで億単位の金を動かす強者だし、 韓国と中国でも知名度はジャニーズについで高いし。

男ジャニーズと女AKBで合わせたらごにょごにょと、そりゃ考えたくもなりますよね。
それでも秋元康の戦略には敵わないと思いますけど...

まあ、とにかくこちらの番組「MIX NINE」では参加者たちの成長過程のみならず、このオーディションに参加する理由も取り上げるということで、出演者たちの泣き笑いも見られるようです。


「THE UNIT」に対抗するのもいいけれど、最初から情報がダダ漏れだったのは良くなかったと思う今日このごろ。

先を越してちゃっちゃと宣伝をかけてきた「THE UNIT」と、後だしの上に半分コンセプトがかぶる「MIX NINE」
あなたならどちらを選択しますか?



私は.....iKONが再起をかけて出演するなら見るかも知れないな。


やっとYGエンタの新しい放送コンテンツ3つ目が公表されましたね。
その名も「YG戦略資料室」通称「YG 電子」
※韓国語で戦略資料室(전략 자료실)を省略すると전자(電子)という単語になります。


先日公開されたティーザー「“YG電子” 戦略資料室 企画会議」

すでに公式発表されていますが、YGエンターテイメント内で実際に起こること、起こったことを脚色したリアルバラエティー番組になるそう。

プロデューサーはパクジュンス。←Mnetから移籍
出演者はYG所属の芸能人+ヤンヒョンソク+YGのリアルスタッフたち。

そして現在確定している芸能人は、BIGBANGのスンリ、JINUSEANのジヌ、CL、SECHSKIES、WINNER、iKON、BLACK PINK、悪童ミュージシャン、ユビョンジェ、ONEとなかなか興味深いメンツです。

ダウンロード (1)

リアルシットコムと銘打っただけあってティーザー映像内では、少しだけヤンサのセルフディスが取り上げられていました。
が、むしろ最近グダグダな話題ばかり提供してきたBIGBANGの長男をディスった方が面白さは倍増すると思うんですけどね。

※リアルシットコムとはスラングのreal shit(本物のクソ)とsitcom(シチュエーションホームコメディ)を掛け合わせた造語です。

まあ、今年大活躍したWINNERはともかく他の出演者たちがどれだけブラックでシュールな笑いを届けてくれるのか、今から楽しみで仕方がありません。←スンリは安定
こちらの放送は11月予定。放送局はまだ未定です。

そして、この“放送局未定”という言葉に毎回翻弄されていたYGファンのみなさんへ朗報です。
私のブログで何度か記事にしたYG版プデュ (記事リンクは以下) の放送局が確定段階に入りました。

【YG entertainment】奮わなかった上半期

※前回の記事でYG版プデュそっくりオーディションと言いましたが、ここで訂正いたします。

こちらのプログラムはそっくりオーディションではなく、プロデュース101の新バージョンと公表されました。
過去にデビューし活動を終了した元アイドルや、現在活動中で成績がいまいちのアイドルを集めて再びデビューのチャンスを与えるという復活オーディションです。

放送局はMBCが最有力候補。
現在少しずつデータを移動しているとのことなので問題がなければこのまま確定するでしょう。


プロデューサーのハンドンチョル氏は現在、20ヵ所の芸能企画会社とミーティングをしているそうです。
今は企画会社に所属していない元アイドルなんかも合わせたら結構な人数が集まるような予感がしますね。

プデュのシーズン1や現在放送中のアイドル学校が好きな人にとっては面白い番組になるかも知れませんが、私はガールズグループにはあまり感心が持てないタイプなので、斜め上からじっくり観察しようと思っています。

ところで素朴な疑問がひとつ。
すでに韓国特有のアイドル競争に負けた子たちを集めて、このプロジェクトでデビューさせたとしても、果たしてその彼女たちはグローバルグループとして通用するのでしょうか?


↑このページのトップヘ