【Super M】ここにはない未来のどこか【SM entertainment】

0

来月10月4日にSMEから既存の….期待 (?) の新星『Super M』がアメリカデビューするとのことで、遅ればせながらプチっと情報。

まだ全てが公開されているわけではありませんのでSMEの一貫したコンセプトの範囲内でまとめることにいたしました。

2019年デビューメンバー
  • テミン (SHINee)
  • ベッキョン、カイ (EXO)
  • マーク、テヨン (NCT)
  • ルーカス、テン (Way V)

ミニアルバム『Super M』トラックリスト

  1. JOPPING
  2. I CAN’T STAND THE RAIN
  3. 2 FAST
  4. SUPER CAR
  5. NO MANNERS
  6. Jopping (instrumental)
  7. I Can’t Stand The Rain (instrumental)

2019.09.01 公開 『INTORO』

SuperM: lNTRO

少し前にボーナストラック『I Can’t Stand The Rain』のインストも公開されました。
が、東洋ゴリ押し (中華系) の曲でいかにもアメリカから見たアジアってな雰囲気の曲。

歌が入ってないので現時点での感想は控えておきます。

2019.09.02 公開 『BAEKHYUN』

SuperM Trailer : BAEKHYUN

2019.09.06 公開 『TAEYONG』

SuperM Trailer : TAEYONG

2019.09.09 公開 『TEN』

SuperM Trailer : TEN

ベッキョンとテヨンのティーザー映像から近未来に必ずや導入されるであろう拡張現実の恐ろしさが垣間見えていましたがあなたはどう捉えましたか?

わざわざサブタイトルに『We are the Future』と入れてあるので…まあアレだよね..うん。
もしかしたらコンサートもバーチャルで世界同時開催とかするのかも。笑

そういえば去年だっけ?もう忘れましたが韓国SAMSUNGのスマホGALAXYでEXOとのコラボバージョンが発売されていましたね。

SAMSUNGは今、アップル社に続き拡張現実を実現させるためスマートコンタクト (Googleグラスの進化系コンタクトレンズ版) の開発に乗り出したそうです。

そして『Super M』というグループ名の中で『u』の文字がやたら強調されている件ですが、プロモーションスケジュールにも『u』の下にメンバー名が入っています。

これに関してはすでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが『Super M』は完全ユニット形式だと言われています。

テヨンのティーザー映像にはSOUND35の文字があり、それぞれのグループメンバー数を足すとSHINee+EXO+NCT (Way V) =35 (※注 SHINee ジョンヒョンとEXO レイ含む) となります。

簡潔そして現実的に (ベッキョンそろそろ軍入隊) 考えれば、現メンバーで何年も活動をするのは無理+SMEが拡張現実 (仮想現実も含む) をコンセプトに選んでいるため一年ごとにメンバー刷新が行われて行くのでは?という実話のような噂話。

ところでアメリカで発表されたプロモーション映像では彼らを『SM AVERAGERS』と表記していました。
確かに韓国では『最高、最強のメンバー』という意味で使われていますが今回の舞台はアメリカ……

果たして英語圏では?

チッチッチッチッチッ…..ティン!←averagersの意味は辞書で調べてみてね!

以上、どんな時でも遊び心を忘れないSMEはやっぱり面白いと思うTime Holicでした。