ブログ更新をお知らせするためのTwitterアカウントを開設しました。

あくまでも更新通知専用アカウントとなりますので、DMの解放、フォロバ、リプ返し等は考えておりません。

メッセージは今まで通り記事本文下 (SNSシェアボタン下にあります)メッセージ送信フォーム、または、サイト内に設置してあるお問い合わせフォームよりお願い致します。

【NCT DREAM】共鳴するほど大きくなるシンクホールとKWANGYAへの扉【Dreaming】

NCT

前回のイリチルに続いてめちゃめちゃ良い曲でやってきたじゃねーか!ドリムよ。

MAMAで公開される2021も楽しみだけど、今回のNCT DREAMDreamingの歌詞で言及されているSMEの仮想空間、そろそろ出来上がる予定なのかな。

Time Holic
Time Holic

僕たちが夢見る場所へ一緒に行こう。
コスモへのシンクホール、未知に包まれた空間が拡がって僕たちは夢を渡り繋がってゆく。
君と僕の夢がひとつになって次元を超えて繋がってゆく。※歌詞要約※

おもいっきり短く『Dreaming』の歌詞を要約してしまいましたが、この曲の中では謎のシンクホール (歌詞の直訳はコスモへの穴、未知に包まれた穴です) は決して悪いものではなく、私たちが作り出した共鳴、共感の輪と表現されました。

そして、この輪が全て繋がって巨大な空間になった時、何か (KWANGYA) が明らかになるとも言っていますね。

イリチルも今回のドリムも特徴的なメロディを全面に押し出してきましたが、そのメロディに共鳴、共感した者だけが行ける何か (KWANGYA) の全貌は年末のMAMAから順次公開され、SMEが以前から計画してたメタバース (仮想空間構想) が始動するような気がします。

だってほら、SMCUの正式名称が『SM CULTURE UNIVERSE』じゃん?

で、NCT 2021のフルアルバムのタイトルは『Universe』で完全に完結しているので。

まあ、もし違ってたら、Time Holicとかいうアイツは本当におバカさんだなって笑って許してください。

いやあ、今年のMAMAはいろんな意味で楽しみだわ。

タイトルとURLをコピーしました