【WINNER】鉄は熱いうちに打て【カムバック】

WINNER

昨日(4日)午後4時、4人のWINNERが4ヵ月ぶりにダブルタイトル曲で華麗にカムバックいたしました。

前作“REALLY REALLY”ではトロピカルハウス推しでしたが、今回は老若男女誰もが踊れるディスコミュージックです。

なんだかやたらと完成度が高いし、急に王者の風格を漂わせてくるし、いったいこの子たちどうしちゃったの?
なんて考える間もなく、堂々一位のEXOをちゃっかり蹴り落とすという快挙↓


Melon ミュージックチャート

タワーレコード オンライン | CD、映像、本、グッズの通販
タワーレコード オンラインでは、CD、映像、書籍から、タワレコ限定グッズまで多数お取扱い中。対象アイテムはセブン-イレブン受け取りで最速フラゲ!d払いご利用でdポイントもたまる・つかえる!新規登録でクーポンプレゼント中!

個人的には2曲目の方が夏らしくて好きなんですが、これがあのブラック企業のYG (視覚的観点) から出た曲だなんて、考えてみればある意味怖すぎる。

デビューしてからずっと、兄弟グループのiKONと比べられ、本国のアイドルファンからYGの失敗作と言われ続けていたWINNER。

その期間約3年。
ろくに活動もできないまま、不測の事態に陥って活動を停止したり、他から出てきた後輩たちにどんどん追い越されて存在が薄れたり、“落ち目”という言葉が本当に似合う時期を過ごしていました。

アイドル界で生き残るか軍隊に行くかの二択を現実に突きつけられてのカムバックですからね。
数年前の社内競争よりはるかに厳しい中で今年二度目の大どんでん返しがこれ。

前作で「曲さえ良ければ売れる」と言った他のYGファンたちの口をもふさぎ、サバイバル時代同様一気に抜けてきた彼らの実力を今回は純粋に評価したいと思います。

おまけ(*^ー^)ノ♪

もしかしたら年末あたりにミラクルが起きるかも…って思ったけど、9月にバンタンのカムバックが控えているんだよなー….

そして今後のWINNERは、他のYGグループと同じように日本での活動を増やしていくようで、大きい会場だけに集中させるのではなく、小中規模の会場を中心になるべくたくさんの地方を回る計画があるとのこと。

良い意味でYGの異端児となった彼らを近くで見られるなら、嬉しい以外の何者でもないですよね。