【PRODUCE48】デビュー組12名の決定と喜ばしくない未来【IZONE】

0

こんばんは。
8月まるっとブログをお休みしてしまったTime Holicです。
この1ヶ月、覚えることが山程ある仕事と職場の荒れ具合にすっかり翻弄されていました。笑

このブログが奈落の底まで落ちるのかもという不安もありましたが、更新がなかったにも拘わらず毎日たくさんの方に訪問して頂けて感謝しております。
おかげで『PRODUCE48』のデビュー圏内をキープできました。笑

ということで、番組も無事に終了しましたので簡単な感想を。

全12回にわたって放送された『PRODUCE48
シーズン1の『l.O.I』、シーズン2の『Wanna One』ときてシーズン3は『IZONE(アイズワン)』とグループ名が決まりました。←私にはどうやっても『依存』にしか見えませんが…

デビューメンバーは以下です。
申し訳ありませんが写真を載せるのが面倒なので顔を見たい方は他で確認してください。

  1. チャン・ウォニョン
  2. 宮脇咲良
  3. チョ・ユリ
  4. チェ・イェナ
  5. アンユジン
  6. 矢吹奈子
  7. クォン・ウンビ
  8. カン・ヘウォン
  9. 本田仁美
  10. キム・チェウォン
  11. キム・ミンジュ
  12. イ・チェヨン

私個人はチェ・イェナとイ・チェヨンを推していたのでこの二人が入ってくれて本当に良かったです。

特にチェ・イェナ、初回の放送分量がすごく多かったですよね。

以前、秋元氏を前にしてのオーディションシーンも放送されていましたが、キャラがすごく立っていたので今回は当然のデビュー組かなと思っていました。

短い時間で目の前にいる人の心を掴むというのは本当に素晴らしい才能だと思います。←おもしろい娘は大好きです

そしてイ・チェヨン、この娘は個人的なギャップ萌えだけで推していました。
なので最後の最後にデビュー組に選ばれてリアルに号泣。笑

残りの10人は「ああ、そうなんだ」程度で私の中の『PRODUCE48』は終了しました。

一番理解出来なかったのは矢吹奈子と本田仁美が両方選ばれたことですけどね。

声質もキャラも被っちゃってますけど、どっちか一人でいいんじゃね?
というのが正直な感想。←この二人のファンの方、後でこっそり二人の違いを教えてください

ちなみに『IZONE (アイズワン)』にはグローバルガールズグループを目指すという明確な目標がありますが、最後の放送を見た上で断言します。

ムリです!ごめんなさい!

毎週欠かさず見てきた『PRODUCE48
番組としては結構面白かったんですが、今後リアルに活動していくということを考えたら….
日本でも韓国でもだいぶ厳しい状況に陥るような気がします。

以上、いつも簡単すぎる感想でホントに本当に申し訳ないので最後にデビューをかけたサバイバルの集大成動画、ファイナル放送で公開された評価曲を置いておきます。
注)もう見たという文句はいっさい受け付けません。笑

デビュー評価曲
『앞으로 잘 부탁해 (We Together)』2018.08.31公開


※この曲のプロデューサーはプレディスエンターテインメントのハン・ソンス代表でしたが、何の特徴もない無難なK-POP曲でした。

デビュー評価曲
『好きになっちゃうだろう?(반해버리잖아?)』2018.08.31公開


※こちらは秋元康プロデュースで作曲家もAKB担当のためガッツリAKB色が出ています。
ちょっとパンチは弱いけど、全盛期のAKB48を思い出させるような感じかな。
K-POPが混ざるとこうなるんだ、と体感出来る曲だと思います。←このタイプ、ハッキリ言って好きです。笑