ブログ更新をお知らせするためのTwitterアカウントを開設しました。

あくまでも更新通知専用アカウントとなりますので、DMの解放、フォロバ、リプ返し等は考えておりません。

メッセージは今まで通り記事本文下 (SNSシェアボタン下にあります)メッセージ送信フォーム、または、サイト内に設置してあるお問い合わせフォームよりお願い致します。

【SEVENTEEN】サセンが少ない本当の理由と会社のリアルな対応【PLEDIS】

SEVENTEEN
ルビー
ルビー

サセンの記事すごく面白かったです!

セブチファンですが、セブチにサセンが少ないのは事務所の誠実な対応とファンのマナーが良いからと聞きました

前にミンギュが巻き込まれた事件でも事務所が丁寧に対応していたので今後もサセンが増えることはないと思いますが、プレディスはその辺に関して信用できる事務所なのでしょうか??

ルビーさん、メッセージありがとうございます。Time Holicです。

セブチにサセンが少ない理由…..

まあ、確かにプレディスの誠実な対応とファンのマナーが良いからという理由は良く聞きますね。

ですが、本当はそんな綺麗な言葉で片付けられるような簡単な理由で、サセンが少ないと言われているわけではありません。

事務所の誠実な対応とファンのマナーが良いという言葉の裏に、何が隠されているのかを聞いたことはありますか….ね?

プレディスが物事に対して誠実に対応する時は、あくまでも所属アーティストが加害者になる可能性があった場合のみで、サセンや誹謗中傷を繰り返す者にはあのような対応を取らない事務所として有名です。

きっと、ルビーさんだけでなく、ここに来られたあなたも、今までたくさんの事務所がサセンや虚偽の暴露文、誹謗中傷を繰り返す者に対して『強靭な対応を取ります=告訴します』という警告文を掲載しているのを見たことがあると思います。

当然、プレディスも毎回警告文や注意喚起文を出していますが、ここだけは他の事務所とは違って、文章が掲載された時点で一つ物事が片付いたという意味になっています。

簡単に言えば、これから強靭な対応を取るのではなく、既にあの娘の処理が終わったから次は君の番ね!ってやつ。

プレディスがもっとも恐ろしい方法で告訴する会社と、昔から言われ続けているのも、当事者にはなんの警告もなく、ある日突然告訴状が届くからです。

しかも、刑事事件としての告訴状 (話し合いで解決できる民事訴訟はしたことがない) なので拒否することは一切出来ず、軽犯罪者としての経歴が一生残る形のものです。

相手が未成年であっても、外国人であっても同じ対応となりますが、正直、大部分の方は罰金刑 (10万円が最低金額) で終わるので、公務員とか大企業に就職する気のない方や、ちょっとした前科があってもいいや!って思う方には…..ま、無意味。←そんなやついるか?笑

本国カラットがあまり荒れない、荒れてもすぐに終息、プレディスの対応を待つ、という方が多いのも、以前から刑事告訴が繰り返されて来たからで、議論が起きればカラット歴の長い方 (プレディスの対応を知っている人たち) が常に注意し、目立つ誹謗中傷やサセンがいれば速やかに通報という形を取っています。

ちなみに、プレディスのメール通報システムは直接法務チーム (社外) に届くので、ちょっとふざけただけの内容でも誹謗中傷と判断されてしまえば、その時点で告訴状の作成手続きが始まります。

そして、これは私も知らなかったんですが、BOOMBOOMからウルシパまでの間で、公式サイト内で誹謗中傷に繋がるコメントがあった際、以下のような優しいお知らせ文を出していた時期もあったようです。

こちらは日曜日に警告されて慌ててプレディスに電話しても誰も出ないパターン。笑

翻訳 : プレディスです。 該当アカウントは、所属アーティスト関連の虚偽事実流布および名誉毀損で申告されており、法的手続きが進行中であることを告知いたします。 関連の問い合わせは02-548-1677にお願いいたします。

そして、セブチにサセンが少ないと言われている理由も、裏を返せば他事務所のサセンも知るくらい有名な刑事告訴が待っていることと、自分の経歴に一生残る傷を付けたくない個人の気持ちがあるからこそ成り立つ結果なんですよね。

所属グループに対する活動関連のフィードバックは遅かったりシカトしたりするくせに、サセンや誹謗中傷の対応だけはめちゃめちゃ早いので、表に出ないものも含めてこの辺は信用して良いと言えます。

ちなみに、専属の警備職員が現場でサセンの腕を掴んで警察に引き渡し、その場で告訴状を渡したという逸話もありますが、セブチのサセンだったかSM系列のサセンだったか忘れてしまいました。←すまん 笑

まあ、今まで日本のファンやサセンを直接告訴したという話は聞いたことはありませんが、本国カラットが 密告 通報する資料の中では日本のものが2番目に多いと言う話も聞くので、いつかどこかであなたの隣の人に告訴状が届く~ってのもあり得るかも知れません。

正直、本国のサセンよりも日本のサセンの方が現実を知らないぶん、キ◯ガイが多いというのも知る人ぞ知る有名な話なので、今後は…..ね!

タイトルとURLをコピーしました