ブログ更新をお知らせするためのTwitterアカウントを開設しました。

あくまでも更新通知専用アカウントとなりますので、DMの解放、フォロバ、リプ返し等は考えておりません。

メッセージは今まで通り記事本文下 (SNSシェアボタン下にあります)メッセージ送信フォーム、または、サイト内に設置してあるお問い合わせフォームよりお願い致します。

【EXO】歴代アルバムタイトル曲・収録曲流出事件【SME】

EXO

Time Holicです。

本日は今だから笑えるEXOの音源流出事件について、本国のまとめを発見したので簡単に翻訳 (意訳あり) してみました。

どうせ毎年流出しちゃうんだし、もう先にスポっちゃってもいいよ~

と、イ・スマン先生が言ったかどうかは不明ですが、先日、EXO-Lが8年目を迎えた記念として、流出事件を知っている方も知らない方もさらっと楽しく読んでもらえると嬉しいです。

音源および振り付け動画流出事件

SMエンターテインメントは音源流出が他社と比べて非常に多い会社だが、特にEXOは流出が絶えなかった。

デビュー前のティーザー100日プロモーションを行う際、SMエンターテインメントのWeiboアカウントをファンがハッキングし、何人組かも明らかにされていなかったEXO全メンバーの芸名と写真が大量に公開された。

※ティーザー用の画像があまりにも多く、当時は圧縮ファイルごとインターネット上に出回っていたそうです。

その後もSMエンターテインメントは何事もなかったようにプロモーションを続けたが、『MAMA』での活動途中でMV用の振り付けバージョンが一部流出するハプニングが発生する。

後日公開する予定だったMVの一部をSMエンターテインメントが未だに公開していない理由は、その流出のせいである。

そして2013年2月末、正規1集アルバムのタイトル曲『Wolf』と収録曲『3.6.5』が流出し、多くのファンに衝撃を与えた。

カムバックは5月末。

MVが公開される前に『Wolf』の振り付け映像とMVのスチール写真までもがアップされ、6月3日の発売日に全ての音源が公開される予定だったにも関わらず、その前に全曲流出してしまった。

8月1日には後続曲『Growl』のMVが公開される予定だったが、これもまた3日前に振り付け映像が流出する。

カメラワークのチェック用として放送局に送った映像だ。

ここまで来ると流出もコンセプトの一部であるかのように思えたが、実際に振付師がTwitter上で怒ったのを見れば、明らかに他人による流出である。

2013年、スペシャルアルバムでの活動当時も『Christmas Day』という曲のカメラワーク用振り付け映像がステージ公開の2日前に流出している。

翌2014年、ミニアルバムのタイトル曲『中毒』ではショーケース1週間前にEXO-Kの振り付け映像が流出し大問題となった。

その映像には放送局のロゴマークが入っていることが確認され、振付師もTwitter上でこの点を指摘したからだ。

それまで披露した6つのダンス曲の中で『History』を除いた全ての振り付け映像がカムバック前に流出しており、その内4曲は放送局のために準備したカメラワーク用映像だ。

これは放送局がいかにずさんな管理をしていたのかを物語っている。

2015年3月17日、海外ファンの手により『Call Me Baby』の音源が流出。

しかし、この時期はSMエンターテインメントが意図的に流出させているのではないかという疑惑も出ていた。

2015年6月1日、再び海外ファンによって『Love Me Right』の曲の一部が流出したという疑惑が浮上する。

2015年12月に『Sing For You』の低音質バージョンが流出。

2016年6月1日には『Monster』の振り付け映像とデモ音源が流出した。

そして、同年8月17日、リパッケージアルバム発売日前日にタイトル曲『Lotto』の振り付け映像も流出する。

2017年9月5日、アルバムリパッケージの音源公開当日にタイトル曲『Power』のカメラワーク用振り付け映像が流出。

これもまた、2014年に起きた『中毒』流出時と同じく、放送局のロゴマークが入ったものである。

2018年10月、アルバム『DON’T MESS UP MY TEMPO』でも振り付け映像が流出し、その流出も放送局のミスであることが明らかになった。

以上、もう時効なので最後はおまけ~

上がショーケース1週間前に実際に流出した『中毒』の動画です。

MBC音楽中心のステージ用にカメラワークの指示を出すためSMEが制作した非公開映像ですが、カムバック前だっため、公開した人のアカウントは即停止となりました。←そりゃそうだ 笑

タイトルとURLをコピーしました