ブログ更新をお知らせするためのTwitterアカウントを開設しました。

あくまでも更新通知専用アカウントとなりますので、DMの解放、フォロバ、リプ返し等は考えておりません。

メッセージは今まで通り記事本文下 (SNSシェアボタン下にあります)メッセージ送信フォーム、または、サイト内に設置してあるお問い合わせフォームよりお願い致します。

【SVT LEADERS】地下から地上へ正真正銘の階段ドル【CHEERS】

SEVENTEEN

CARATのCARATによるCARATのための組み合わせだったリーダーズが公式ミックスユニットとして公開されてから早4年。

勢い増しのCHEERSでリアルに戻って来ましたー!!←息切れしそう

今回の曲はデビュー当初に実際に言われた言葉を歌詞に入れ込んだだけじゃなく、ヒップホップ系で良く使われるシンセサイザー808ベースがなくてもやって行けるんだぜ!って言ってるところがミソ。

実際にBPMは160でキックもスネアも使っていないからさ、808ベースも使ってないんだと思う。

ちなみに『Ready to love』で音が歪むスレスレの線で鳴ってたベース音が808。

正直『Rock with you』でも使われてたんだけど、目立たない程度に抑えてあったから曲自体が薄っぺらくなっちゃったっていう、私にとっては 最悪の …..

いや、うん、まあ言わないでおこう。

タワーレコード オンライン | CD、映像、本、グッズの通販
CD・ブルーレイ・DVD・本・雑誌・タワレコ限定グッズなど多数取扱い!新規登録でクーポンプレゼント!セブン-イレブン受け取りで送料無料!Amazon Pay・d払いご利用可 | タワーレコード オンライン公式通販サイト

そして、歌詞に出てきたご飯の心配の話はデビュー後しばらく散々言われ続けた言葉でしたが、社長のハン・ソンスは当時こう答えていました。

ご飯の心配をしていたら子どもたちは育てられない

いや、CARATもCARATと呼ばれる前から結構ご飯買ってあげてたけどね。笑

ホント、清涼ドルは売れないとか言われていたのも事実だし、やっぱりセブチの原動力=反骨精神はそこにあったんだなー、と今さらながらに思いました。

だってほら、落ちてきたスマホの画面にRemind me (思い出した) って書いてあるじゃん?

何をきっかけに思い出したのかについては言及したくないけど、本来あるべき姿に戻ってくれるならガッツリ手伝ってあげようと思う。

Break the Records

どうせここまで来たのなら、アイツの手の内で転がるふりをしながら記録を塗りかえようぜ!

…..ところで、MVの最初で「スナフキン登場??」ってなったのは私だけですか?

タイトルとURLをコピーしました