ブログ更新をお知らせするためのTwitterアカウントを開設しました。

あくまでも更新通知専用アカウントとなりますので、DMの解放、フォロバ、リプ返し等は考えておりません。

メッセージは今まで通り記事本文下 (SNSシェアボタン下にあります)メッセージ送信フォーム、または、サイト内に設置してあるお問い合わせフォームよりお願い致します。

【SEVENTEEN】怪しい情報に振り回されてはいけない【再契約】

SEVENTEEN
che
che

セブチの再契約のビハインドのお話や他グルとの違い?などをブログに載せてほしいです。

再契約の話が出てから『元は17人だった。メンバーが本当に大切にしている4人』みたいなすごく綺麗で切ない過去のような動画にされてる方をみますが実際2人以外は….

デビューが延期になったのは事実で前にも『メロナ刑務所から逃げたあいつ』みたいなタイトルで記事を出されていたと思うのですが、今回のビハインド話も含めて何かあれば聞きたいです。

あと、今回のアルバム私の勝手な予想ですが、リパッケージが久しぶりにでるのかな?とも思うのですが、ワルツのタイトルも今回のアルバムに関わってきますし、もし今年もう一回カムバしたとしても太陽に関わるようなアルバムをだすのかな?って考えてます。

それとMarchがすごくHeavens cloudを感じたことと、今回のアルバムが出たらまたTime holicさんの感想をお聞きしたいです。

私はハラメを聞いて一番好きなのはshadowです。

まだ一曲聞かないとわからないですが楽しみです。

Time Holicです。

cheさん、メッセージありがとうございます。

SEVENTEENが17人で抜けた4人が美化されていたなんて今回初めて聞いたのですごく驚きました。

私もTwitterで『元々17人だった』という出所の分からない情報はチラッと見ましたが、それに騙されてしまったであろう純粋なCARATさん全員に今さらですがお伝えします。

SEVENTEENは今はもちろん、デビュー前も17人になったことは一度もありません。

なので、今回はcheさんが読んだ上の記事の捕捉という形でお送りいたしますね。

まず、2012年の段階では確かに『ボーイズグループSEVENTEEN準備中、17人のメンバー、平均年齢17歳、2013年デビュー予定』とプレディスから公式発表されています。

セブチの練習生時代を映したSEVENTEEN TVは今ではリアリティー放送として捉えているファンの方が多いようですが、実際はプレデビュー候補生のサバイバルプログラムでした。

当時プレディスには約50名ほどの練習生がいて、その中で高い評価を受けて選抜された人だけがセブチの候補生としてSEVENTEEN TVに出演できたんです。

そして、編集なしの 垂れ流し 生放送の中で評価の高い人材を順次投入し、様々なミッションをクリアした人だけがデビューメンバーになれるという企画でした。

ちなみに出演メンバーも一番多い時 (シーズン3) で16人。

ですが、上記の記事内に書いたとおりシーズン3の後半で4人が一気に退出して当初の計画が全て台無しになってしまいました。

正直、セブチにとって退出した4人は大切だったのか?と聞かれたら、当然答えは否。

実際にメンバーが大切な思い出にしているのはミンミンとサミュエルの2人だけです。

残りの2人の内、1人は事務所にもメンバー (特に一番仲の良かったクプス) にも何の相談もなく勝手に俳優事務所のオーディションを受け、受かったからと言って即退出。

ちなみにプレデビュー候補生には契約書が存在するので普通に契約違反です。

にも関わらず、俳優人生をスタートした時もMIX NINEに出演した時もセブチの候補生だったと自慢げに話をして多くの人の神経を逆なでしました。

そして、もう1人はプレディスの手によって芸能の世界から永久に追放された最悪なやつ。笑

デビュー前からセブチを応援していたファンにとっては絶対に名前を呼んではいけないクレイジー野郎として有名です。

以前の記事には書きませんでしたが『親が親なら子も子だ』という名のとおり、サセン (数名) と付き合ってロッテワールド等でデートを繰り返していたことも全部バレてプレディスから制裁をくらい追放されています。

『セブチは元々17人だった』という誤解はともかく、忌み嫌われている2人まで美化してしまったのはあまりにも雑な情報でしたね。

私もYouTubeやブログ等でまとめ系を見ることはありますが、どこをどう調べればそんな話になるのかと唖然とすることが多々あります。

少し深掘りすれば分かるような情報まで歪められてしまうなんて…..

おそろしやネット社会!笑

それと再契約の話ですが、正直全部を観たわけではないので私の話が答えになるのか分かりません。

ただ、意見調整に時間がかかった理由は本人たちが希望を叶えるためにバラバラになったとしても、果たして芸能界で生き残れるのだろうか?と考えたからなんだと私は思っています。

本国でK-POPを好きな人たちが良く言う言葉の中に『SEVENTEENというグループ名と曲は知っているけどメンバーが誰なのか分からない』というものがあります。

これを冷静に考えた時、歌でもダンスでもソロ活動で名を揚げるというのは非常に難しいじゃないですか。

他のグループでも再契約をせずにソロに転向したりしていますが、競争率が激しい世界の中で結局あまり話題にもならず…が多いですよね。

それぞれ違う事務所に行ってグループだけを残すとなっても然り。

それぞれ事務所が違えば活動に制限が出てくるのは当たり前の話なので、とりあえず今はもう少しだけ家族でいようとなったんじゃないのかな。

もっと現実的な話をすれば、プレディスよりもHYBEとの意見調整の方がキツかったと思いますけどね。笑

とりあえず全員で活動できる期間は残りわずかですが、再契約自体は5年とのことなので個々の知名度を上げつつ行けるところまで行ってみよう!となったんだと思います。

まあ、個人的には年老いても13人のままSEVENTEENを続けてK-POP界の新記録を作ってくれたら…..

いや、ないな。

ということで、今回はちょっと長くなってしまったのでアルバムFace the Sunの感想は次回お送りします!

タイトルとURLをコピーしました