【SM entertainment】良心的な会社かどうかの判断基準【公式立場】

SM entertainment
15+

こんばんは。TimeHolicです。

やっぱり来ましたね。怒りの告訴警告。
先日のチャニョルの件で一瞬にして本国ニュースサイトから例の暴露文キャプチャ画像が全て消えた理由ががコレ。

SMエンターテイメント公式立場 全文
全文翻訳

SMエンターテイメントです。

当社は所属アーティストに対する不法行為と関連して国内最高の大型法律事務所/法務法人および分野別専門法務法人など10個以上のローファーム (法律事務所) へ依頼し、これにより摘発された不法行為について強力な民事/刑事上の法的措置を進めています。

最近も当社所属のアーティストと関連してオンラインコミュニティー、SNS、ポータルサイトなどに悪質なデマ、悪意的な掲載文/書き込み、名誉毀損と人格冒涜などの掲示物が無分別に掲載および流布され、さらに強力な法的対応を依頼した状況です。

事実と違う根拠のない内容を操作して悪質なデマを作り、確認されていない事実を元に人格冒涜や名誉毀損に該当する文章などを掲載するだけでなく、このようなデマを流布する行為も明らかな不法行為であり強力な法的措置の対象であることをお知らせいたします。

不適切な出来事に巻き込まれないようご注意願います。

ともに2017年12月にオープンした当社の情報メールアカウント (protect@smtown.com) には一日に数千件あまりの通報が寄せられており、これを全て当社がひとつひとつ確認し不法行為であることが明白な事案については別に分類をし該当アーティストとの協議を経て随時告訴を進めています。

持続的に膨大な量の悪意的な投稿と根拠のないデマが掲載されている状況で、当社は自主的なモニタリングとファンの皆様の情報提供、国内外のプラットフォームおよびポータルサイトなどの協力をもとに不法行為の事実、およびその行為者を確認しており犯罪事実が確定され数多くの有罪判決が下されるなど現在もいくつかの事案に対する法的対応を進行中です。

当社は今後も所属アーティストの人格と権利、名誉の保護はもちろん、アーティストとしての目覚ましい成長と発展、活発な活動に向けさらに綿密なサポートをし最善の努力を尽くします。

また、各種不法行為については、これまでと同様に刑事上の法的措置を取るなど強硬に対応していくことを改めて申し上げます。

ありがとうございます

さて、今回出されたSMEの公式立場文、簡単に言うとチャニョルの件だけじゃなく他のグループの問題についても悪質な物に関しては全てチェック!ついでに告訴します!ってな内容。

おまけにデマとか誹謗中傷をすることはもちろん、それをなんとなくSNSで拡散したり匿名掲示板に載せたりすることも今回は不法行為として扱います!と書いてあります。

このブログを読んでくれているあなたもSNS上に何気なく「これってどうなん?」と載せてしまったことがあるかもしれません。

チャニョルの件では「これが事実なのか分かりませんが」と前置きをしながら全文を垂れ流しにしてしまった方もたくさんいますが、今度という今度は本当に気をつけたほうがいい。

だってほら、私が翻訳文で赤字にした部分に、

不適切な出来事に巻き込まれないようご注意願います。

ってあるじゃない。

どこの会社も言ったことないよ、そんな言葉。

これってさ、マジでSMEが今一番に伝えたいことでいろいろと垂れ流してしまった人たちへの最後の優しさなんじゃないかなと思うんだけど、どう感じましたか?あなたは。

SMEの今回の 告訴警告文 公式立場に関して「相手の人生をぶち壊すくらい酷い手法を使うことで有名なプ○ディスに比べたら十分良心的じゃねーか!」と口から出た私はバカなんでしょうか…..?笑

ちなみに、以下のリンクには以前私がYG関連の記事を書いた時に誹謗中傷や悪質コメントに対する韓国の法律を調べて載せてありますので気になる方はさらっとでも読んでみてね。

ところで急に話を変えますが、私のこの弱小ブログにも時々アンチコメ的なものがメッセージに乗ってやってきます。

が、正直言って面白く読ませて頂いております。笑

一応 私も感情のある生き物なので、当然のごとくむかっ腹が立つ内容もありますが、そういったアンチコメを送信される方はこのブログサイトは無料ブログで運営しているものではないということを必ず頭に入れて覚えておいてくださいね。

今まで何も言わずにきましたが、メッセージやメール送信時、また、このブログにたどり着いた時点で当ブログのプライバシーポリシーに記載してある通り、ある程度のアクセス解析はさせて頂いております。

今これを読んでいるあなたがどの経緯をたどってここにやって来たのか等々、その殆どが分かるようになっています。

何時何分にどの記事を読んで、どのボタンを押したのかも詳細に出てきたりとかね。

ブログやYouTube、ニュースサイトなどを運営されている方は皆さん同じ手法を取っていますが、アンチ系メッセージを送られた方のIPアドレスと解析データはこのブログでも全て残してあります。

だからと言って、私個人がIPアドレスから個人情報を割り出すことは出来ません (※注 法律の専門家に頼めばできる) ので、普通に読んだり疑問や質問系のメッセージを送られる方は安心してください。

そして、アンチコメを送られる方は今後もその内容が若気の至りで許されるものなのか、倍返しされても平気でいられるものなのか自身で書いた文章を改めて読みなおし精査した上で送ってくださいませ。←私からのささやかな注意喚起 笑

以上、TimeHolicでした。

15+